妊婦でも入れる保険は?

MENU

妊娠中の妊婦さんに女性保険は本当に必要?

★妊婦の保険加入はやっぱりした方が良い?

 

医療保険とは、万が一の場合に備えて、加入するためのものです。

 

数多くの保険の種類があるため、保証内容を検討しながら、最適なものを選ぶ必要があります。女性保険の保証内容は女性特有の病気などに掛かる医療費などを保証するものがほとんど。

 

何も保険に入っていない人が妊娠した場合、または現在妊娠中の妊婦さんの場合は、
出産に向けて、保険に加入する必要はあるのでしょうか?

 

妊娠と出産に必要な費用

妊娠と出産には誰もが加入している健康保険がききません。妊娠をした場合、妊婦検診や出産費用だけでも、かなりの費用が掛かります。出産費用は、選ぶ病院や出産方法によって大きな違いがありますが、自然分娩である場合でも、平均的に30万円〜50万円だと言われています。

 

しかし、正常分娩である場合には、こうした医療費は全額自己負担となります。

 

自然分娩ではない場合、例えば、帝王切開での出産である場合、医療機関を通して出産することになるため、医療費の負担は減ります。しかし、このような場合でも、ある程度の金額は、医療費を自己負担することになってしまいます。

 

妊娠・出産と医療保険

基本的に妊娠や出産に関して言うと、妊娠後、自然分娩で出産をした場合、個人で加入している保険の対象外となるため、給付金は支払われません。つまり、妊娠から出産の過程において、身体に関して問題が発生しなかった場合には、保険の必要性がないことになります。

 

これは、女性保険に加入していたとしても、加入していなかったとしても同じことです。しかし、妊娠から出産までの間には、身体の変化に伴い、妊婦の方がどのような状態になり、どのような出産の形態になるのかは、その時になってみなければ分からないという側面があります。

 

妊娠中に行われる検診で、子宮筋腫などが見つかるケースも少なくありません。

 

さらに、流産や早産による手術や入院、帝王切開での出産となった場合、これらの医療費をすべて負担するには、医療費が高額になってしまうケースもあります。

 

保険によっては、病気に関する給付金の支払いはあったとしても、こうした出産に関する給付金の支払いがない場合もあります。多くの女性が妊娠を期に、様々な角度から検討して保険の加入を考えるのは、こうしたリスクを減らすためです。

 

こんな保険もちゃんとあります。
  • 妊娠中でも加入する事ができて、その妊娠の異常分娩も保障対象となる保険
  • 妊娠中でも加入する事ができて、正常分娩による入院も保障対象となる保険

 

アナタは帝王切開になった場合とか特有の病気があった場合にお金払えますか?

 

妊婦の保険加入は実はかなり重要なんです。妊娠や出産に関する保障が充実した保険を探して加入しておくと、妊娠中も余計な事を考えずに安心して過ごすことが出来ます。

妊婦でも入れる女性保険はある?

妊娠は新しい生命を授かるとても素晴らしい機会です。しかし、体調にどのような変化が現れるのか不透明である上に、無事に出産を終えるまでの間、様々なトラブルがまったく発生しないとは言い切れません。

 

妊娠を期に保険への加入を真剣にお考えになる方が多いようですが、一般的に、妊娠中は保険に加入しずらいと言われています。妊婦中の方でも入れる女性保険はあるのでしょうか?

 

妊娠中でも保険に加入する事はできる

妊娠中でも入れる保険はあります!

 

妊娠中に保険に加入する場合、保険に加入することは出来たとしても、条件が厳しかったり保障内容が狭いものであったりと、妊娠する前に保険に加入した場合と比較すると、どうしても、保障内容に納得できない場合があるかもしれません。

 

保険には様々な種類があり、給付金が支払われる条件にも違いがあるため、保険を比較・検討せずに、安易に自己判断で加入すると、後々後悔をすることになってしまう場合も・・・。

 

妊娠中でも加入することが出来る保障が手厚い女性保険がある

保険にも様々な種類があり、これまでとは違う形の保障内容となっているものが数多くあります。通常、妊娠中でも加入できる保険と言えば、妊娠中の加入が可能であったとしても、次回からの妊娠に関して問題が生じた場合にのみ給付金の支払いがあるものがほとんどでした。

 

これでは入る意味がありませんでした。

 

しかし、最近の女性保険の中には、妊娠後の保険の加入であっても、その妊娠に対して保険が適用され、万が一のことが起こった場合に、給付金が支払われるものがあります。

 

正常分娩での出産に関する費用などは、さすがに保険対象外ですが、正常分娩であった場合の入院の費用も保険の対象となり、給付金が支払われるものも一応あります。(※なでしこくらぶ / フローラル共済。ただし妊娠前に加入の必要があり)

 

妊娠中に加入できて、その妊娠の異常分娩を保障してくれる保険

ライフネット生命(新じぶんへの保険レディース)
※妊娠週数(月数)に制限がなく妊娠中でもいつでも加入できる

 

エイ・ワン少額短期保険(エブリワン)
※妊娠32週目までなら保障される

 

フローラル共済(なでしこくらぶ)
※妊娠10ヶ月までの保険加入ができる

 

フローラル共済(入院保障付死亡保険)
※妊娠27週までの保険加入ができる

 

異常分娩を保証してくれる保険というのは、切迫流産・切迫早産・帝王切開などの異常妊娠により入院した場合やその他、妊娠中の病気やトラブルが生じた場合に給付金がもらえる保険です。保険によって保障内容が違うので、しっかりと確認が必要です。

 

妊娠中に保険に加入する場合、数多くの保険の中から、最適なものを絞り込んだ上で加入することが重要です。妊娠中に加入することが出来る保険の中でも、女性特有の病気や出産などの際の保障が手厚いものを選ぶことで、物理的な安心だけではなく精神的な安心も得られるかもしれません。

 

でも、やっぱり保険は自分で安易に決めるのは危険です。

 

それぞれの保険によって保障内容が変わってくるので、妊婦さんで保険の加入を検討している方は、やっぱりプロに効くのが一番安全でよりよい保険を選ぶことができます。

 

妊娠中の妊婦さんが一番オススメな保険が知りたいのなら

 

上記でもいくつか妊娠中でも入れる保険を紹介しましたが、やっぱり素人が自分で決めると失敗する事が多いです。一番補償内容も良くて、お得な保険がどこか知りたいのであれば、プロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しましょう。

 

↓全国対応!無料で保険の相談!

 

保険ショップでの相談予約はコチラ

 

※相談無料!勧誘なしで安心!

 

マネモを使えば、全国にある1100店舗以上の保険相談ショップ(ほけんの窓口、保険見直し本舗、保険クリニック、保険ほっとラインなど)から自分に近くのショップを選んで予約する事ができます。

 

もちろん相談は無料です。
保険の加入手続きやその後の見直しや解約もおまかせできちゃいます。

 

保険の相談ショップで重要な事

保険のショップは中立の立場でオススメの保険を紹介してくれます。重要なのが補償内容で正常分娩や帝王切開時に保証されるかどうかなので、その点を必ず聞きましょう。

 

保険加入には制限がある所がほとんどなのでなるべく早くに、できれば旦那も連れて保険相談に行きましょう!以下からご自分の都道府県を選んで無料相談予約ができます。

 

↓無料で保険の加入相談

妊娠中に女性保険を選ぶ時のポイント

数多くの医療保険がありますが、中でも、女性保険の加入を考える女性が増えています。女性の身体には、妊娠と出産をするための機能が備わっている分、女性特有の病気になるリスクを持っています。

 

女性特有の病気の中には、子宮筋腫や卵巣腫瘍などが挙げられますが、妊娠中にも様々な不安が伴うため、妊娠してから女性保険の加入をお考えになる方が少なくありません。

 

妊娠中に保険を選ぶ時のポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

妊娠中でも加入することの出来る女性保険を選ぶ

医療保険への加入は、加入時の健康状態が大きく左右するため、場合によっては保険会社から加入を断られることもあります。さらに、妊娠中は、身体の状態が不安定になり、様々な症状を誘発する場合もあるため、妊娠中の方の保険の加入を断る保険会社がほとんどでした。

 

しかし、近年では、一定の条件を満たしていれば妊娠中の方でも加入できる女性保険があるため、その中から、最も必要とする保障が充実したものを選ぶことが出来ます。

 

妊娠中に保険に加入することの出来るリミットとは?

妊娠中の方の女性保険の申込みを受け付けている保険会社がいくつかあります。それぞれの保険会社には、申込みの際に一定の条件があることが多いです。

 

一般的に妊娠してから医療保険に加入することが出来る期間のリミットは、妊娠27週目までと言われています。妊娠28週目を越えてしまうと、保険の加入を断られてしまうことが多いです。

 

つまり、妊娠が分かったら、出来るだけ早く保険に加入しておいた方が良いことになります。

 

保障範囲や保証内容を確認する

女性保険の中には、ライフネット生命(新じぶんへの保険レディース)のように妊娠28週目を越えた場合でも、保険に加入出来るものがあるようです。

 

しかし、保険に加入出来た場合であっても、保険会社によっては、一定の条件がつく場合があります。それは、不担保部位というもので、不担保部位に指定されている部位に関して、給付金が支払われないというものです。

 

もちろん、保険に加入するのですから、指定されている部位以外の病気に関しては、保険対象となります。このような点を考慮すると、女性特有の病気に関する保障が手厚い保険に加入したい場合には、出来るだけ妊娠27週目までに保険に加入しておくと良いかもしれません。

 

不担保部位とか保障される内容とか、妊婦でも入れる保険はありますが、自分で保険を選ぶのは本当に難しいですね。自分に合った保険の加入をしたいなら以下から相談するのがオススメですよ。

 

↓妊婦でも入れる保険をプロに相談

 

保険ショップでの相談予約はコチラ